読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Le Journal Blanc ~白のジャーナル~

あなたの明日をもっと輝かせる、素敵な気づきのお話。ふわっと、時に凛と。

追憶のクリスマス

f:id:keiko-yugi-01:20161123015352j:plain

 

今年、早い商業施設では今月の初旬から、もうクリスマスのディスプレイが始まっていましたね。

丸2ヶ月もクリスマス商戦が繰り広げられるって、さすがに長すぎない?なんて思っていましたが、あっという間にクリスマスまで1ヶ月。早いですね。

 

今日は、クリスマスのギフトにまつわるお話をしたいと思います。

 

私には子供がひとりいるのですが、毎年クリスマスイブの夜、子供が完全に寝入るのを待って、枕元にそっとプレゼントを置くことにしていました。

息をひそめ、足音をしのばせて。

お子さんのいらっしゃるお宅では、きっと皆さんそうですよね。

 

我が家でも、子供が少しでも長くサンタクロースの存在を信じていられるようにと、懸命に心を砕いていたつもりでした。

プレゼントを買う時、お店の店名が入っていない包装紙で包んでいただいたり、お店にそれがない場合は、自分で別の包装紙を用意して包み直したり───。

 f:id:keiko-yugi-01:20161123105819j:plain

 

 

子供が小学校3年生だった年の、クリスマスイブ前日の夜のことです。

家族でTVを観ていると、ドラマの中で、「サンタクロースの存在を何歳まで信じていたか」という会話が始まりました。

 

「このやり取りを聞いて、子供が『サンタクロースなんて実在しない』と気づいてしまったらどうしよう」と私は内心とても焦りながら、懸命に平静を装っていたのです。

すると、子供が口を開きました。

 

「あのね、ママ……」

 

ほら来ちゃった!「もしかしてサンタクロースってほんとはいないの?」って訊かれてしまう。絶対に動揺しないよう、ここは全力で名演技を貫こう。

そう瞬時に決意を固めた私に、子供はおもむろにこう言ったのでした。

とても言いにくそうに……。

 

「ママ、あの、ほんとにごめんね。でもそろそろいいかな。毎年サンタを信じてるフリしてるの、結構しんどくて……」

 

え……。

f:id:keiko-yugi-01:20161123112551j:plain

 

 

 

え?!

f:id:keiko-yugi-01:20161123021845j:plain

子供が幼稚園の年中さんの時に贈ったプレゼント。

包装紙にこそ店名が入っていなかったものの、包装紙を留める小さなテープにしっかり「HANKYU」とデパートの名前が記されていて、子供は「はは~ん。これは……」と気づいたのだそうです。

なんて詰めの甘い母でしょう。

 

子供、サンタクロースがいると信じているフリをすること4年間、だったのですって。

母である私にとって、忘れ難い衝撃の夜でした。笑

 

 

休日の今日、皆さんいかがお過ごしですか?

そろそろクリスマスの贈り物の下見に、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

全国的にとても寒いようですので、おでかけの方は風邪をひかないよう、どうぞあたたかくなさってくださいね。

 

f:id:keiko-yugi-01:20161123112312j:plain

どうぞ楽しい休日を。

お仕事の方は、ご一緒にがんばりましょう♪

 

 

 

Web magazine`Project DRESS’で、コラム「人生が好転する気づきの美習慣」を連載させていただいています。  

p-dress.jp

広告を非表示にする