読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Le Journal Blanc ~白のジャーナル~

あなたの明日をもっと輝かせる、素敵な気づきのお話。ふわっと、時に凛と。

Day by day ~日々を愛しんで生きる~

f:id:keiko-yugi-01:20161207011358j:plain

12月ももう中旬。

気忙しい毎日ですが、皆さんお元気でしょうか?

 

更新が滞ってしまいました。

久しぶりのブログなので有用なことを書けばよいのですが、ごく普通の日記です。

ごめんなさい。

 

 

先日、よく晴れた朝のこと。

息子が不在の時、ベッドリネンをお洗濯しようと主不在の部屋に入りました。

ふと見ると、机の上に一枚の紙が。

大きく「アンケート」とタイトルが書かれています。

どうやら大学からの、生活習慣に関するアンケートのようです。

見たと知られたら叱られるなぁと思いながらちらっと見てみると、一番上に、朝食に関する質問があります。

 

 

「朝食をどのくらいの頻度で摂りますか?」という質問があり、

「だいたい毎日」「週に2~3回」などと選択肢が並んでいて、最後に「その他」とあり、自由回答が記入できるようになっているのでした。

息子はそこに「100%!」と書き込んでいたのです。

なにげないその文字をみつめているうち、胸がいっぱいになりました───。

 

 

この10年、わたしは息子をひとりで育ててきました。

仕事で撮影が深夜に及び、塾を終えた息子を迎えに行き、スタジオに連れて戻って、片隅で待たせていたこともありました。

いつの間にか眠ってしまった彼をおぶってタクシーに乗せて深夜に帰宅、ベッドへ運んで寝かせ、わたしは2~3時間仮眠を取ってから起き、息子のお弁当を作り、朝食を用意したり。

仕事で徹夜になった日は、仮眠を取ることで万一寝坊してはと思い、そのまま明け方からお弁当、朝食と順番に作ったり。

 

 

母親が子供に朝食を用意するのは当たり前。

決して褒めていただくようなことではありません。

 

 

それなのになんだか、「100%!」の文字はわたしにとって望外にいただけた勲章のように思われ、うれしくて。

大したものではないけれど、息子が「今日一日元気に過ごせますように」「よい日になりますように」と願いをこめ、朝食を作り続けてよかったなと思ったのです。

 

 

f:id:keiko-yugi-01:20161207120245j:plain

 

画像、わが家の朝食にそっくりだったので載せてみました。

まああれです、ちょっと食べすぎ気味? 笑

でもこれが、わが家の元気の源。

これからも、「一日元気でいてね」という母の願いをこめて、作り続けようと思います。

 

 

美味しくなりますように、きちんと栄養が摂れますようにと願いつつ息子のために朝食を作る作業が、一日の始まり。

そのくり返しがいつしかわたしにとって、日々を愛しんで生きることの礎になってくれていたことに気づきました。

 有難いことですね。

 

f:id:keiko-yugi-01:20161207120722j:plain

 

ブログ、また逐次更新していきます。

引き続きお付き合いいただけましたらとっても嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

 

 

皆さん、よい一日でありますように!

 今日はなかなか寒いようですので、あたたかくお過ごしくださいね。