読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Le Journal Blanc ~白のジャーナル~

あなたの明日をもっと輝かせる、素敵な気づきのお話。ふわっと、時に凛と。

年齢を重ねるほど美しくなる方法、教えます

生きるほど魅力を増す女学

f:id:keiko-yugi-01:20161119112225j:plain

*「アンチエイジング」って、なんだかちょっと……

あなたはいま、何歳でしょうか?

そして、これから年齢を重ねていくことを楽しみにしていますか?それとも───。

 

女性なら誰もが、すこしでも美しくなりたいと願っていますよね。そして、ほとんどの女性は、年齢を重ねることをとても恐れているのではないでしょうか。

 

PCやスマホ、TV、雑誌。女性にまつわるコンテンツを見ていれば、必ずといってよいほど「アンチエイジング」という言葉が目に飛び込んできますね。

「エイジング=加齢」とは、若さを失い醜くなること。だからすこしでもエイジングを遅らせるよう、頑張らなくてはいけない。

 

「ほら、この新製品の美容液をつけてシミを薄くしなさい」「○万円のクリームを買えば美白に効きますよ」「このエステサロンに通いなさい」。そうしないとシワシワでくすんだ、残念なおばあさんになってしまいますよ。

私達はまるで「アンチエイジング」という言葉に脅かされながら生きているかのようです。

 

すこし前に流行った「プチ美容」という言葉はもうすっかり美容の一部として定着して、シワを一時的に消してくれるボトックス注射を常用している方も、少なくないのではないでしょうか。

 

でも、ちょっと待って。高価な基礎化粧品を使い、ボトックス注射を打ち続け、美白に全力を尽くし、時には整形手術も厭わない。

そんな風に努力すれば、私達は本当に「美しく」なれるの?女性の美しさって、そんなに表面的なもの?年齢を重ねるとすり減ってしまうと決まっているのでしょうか───。

 

f:id:keiko-yugi-01:20161119123233j:plain

 *年齢を重ねるほど、むしろ美しくなる女性もいる。その理由とは?

学生時代は特に目立つ方ではなく普通だった女友達が、年齢を重ねるにつれハッとするほど美しく、魅力的に輝くようになる姿を、私はこれまでに数多く見てきました。

 

私自身も、20代まではまったくそんなことがなかったのに、なぜかアラフォーになる頃から、肌や容姿を人様に褒めていただくようになったのです。

今はもうアラフィフと呼ばれる年齢になりましたが、実はアラフォーの頃よりもさらに今の方が、お褒めの言葉をいただく機会が増えたようにも感じます。

 

女友達や私が、このように幸運なアラフィフを迎えることが出来た理由はなんでしょう?

その理由を紐解くことで、「アンチエイジング」という言葉に脅かされ、年齢を重ねることを恐れて、つらい思いをしている皆さんのお役に立てるかもしれない。

 そう考えて、今日から少しずつ、お話を始めることにしました。

 

このお話には高価な化粧品も、先端の美容医療も登場しません。誰もがすぐ出来る「ちょっとしたこと」「でも確実に女性を美しく磨いてくれるアイディア」を、私の実体験の中からよりすぐってご紹介しますね。

 

 

f:id:keiko-yugi-01:20161116130312j:plain

*「生きるほど魅力を増す女学」、開講します

題して「生きるほど魅力を増す女学」。

テーマは大きく分けると

  ・美容法

  ・ファッション

  ・こころ

 の3項目です。

 

私達が幸運なアラフィフを迎えることが出来た理由について、この3つのベクトルから詳しくお話していきますね。

「抽象的なイメージ論ではなく」「具体的にどんどん美しくなっていく方法」をお伝えします。

 エイジングを恐れているすべての女性の皆さん、どうぞついて来てください。

 

鏡を覗いては小ジワが出来ていないか、シミはないか、なんて怯える毎日はもうおしまい。お友達やパートナー、身近な方達が「どうしたの?」「恋でもしてるの?」なんて驚くほど、美しく魅力的になってしまいましょう。

 

年々美しさを増す女性には、何度でも新しく人生の扉が用意されます。

何歳でも結婚出来ますし、新しいキャリアを築くことさえ出来るのです。

 

本当の美しさは、女性の人生を支える最高にして最強の財産。

今日からあなたも、本当の美しさという財産を蓄えて、人生を輝かせて生きていきましょうね。

 

 

 

Web magazine`Project DRESS’で、コラム「人生が好転する気づきの美習慣」を連載させていただいています。